ハーレーはホンダやカワサキのアメリカンバイクと比較して独特の乗り味がある

 

大型バイク乗りが最後に行き着くのはハーレーとも言われています。多くのバイク乗りの憧れであり、ホンダやカワサキのバイクから乗り換える方は少なくありません。国産バイクは全般的に高性能で、トルクの安定性や故障の少なさ、メンテナンス性においても優れています。
昔ほどではありませんが、ホンダやカワサキなどの国産バイクよりも故障しやすく、また車体本体やパーツ代も高額です。それでもハーレーが選ばれるのは、所有欲や優越感を満たしてくれるところが大きいでしょう。ハーレーと言えばインディアンと並んで、アメリカのオートバイの草分け的な存在です。日本のアメリカンバイクは、あくまでアメリカのバイクを真似たものになるので、本物のアメリカンバイクを求める人からは敬遠されることが少なくありません。

大排気量であることもハーレーのステイタスであり、マシンはすべて大型自動二輪に分類されています。世界中を探しても普通二輪で乗れるハーレーは存在しないのです。つまりハーレーに乗っているだけで、大型自動二輪の免許を所有していると周囲にアピールできます。さらに価格も国産バイクより高額で、300万円超えはめずらしくありません。ハーレー乗りは経済的な成功者としても認知されているのです。オーナーに社長や自営業の成功者などが多いのはそのためです。

ハーレーはじゃじゃ馬と称されることもあり、Vツイン特有の乗り味は一度味わったら病みつきになると評判です。ホンダやカワサキでもアメリカンタイプのバイクは販売していますが、ハーレーと比較すると乗り味は優等生であり、そこに物足りなさを感じる方が少なくありません。ハーレーダビッドソン

ハーレーはもともとエンジンの鼓動を楽しんだり、ゆったりとしたポジションで長距離移動をしたりするのに適しています。
最高速は国産バイクには負けてしまいますが、最高速を競うバイクではないのでそこは問題ないでしょう。

 

ハーレーで一人旅をするなら事前準備が大切

展示されているハーレー

ハーレーに乗って気ままに一人旅。
一度は挑戦してみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

一人旅では、どこに行くのかといった目的地やどの道を走るのかといったコース設定が重要になりますが、道中、快適に過ごすためには、やはり事前準備が欠かせません。どれだけ丁寧に準備出来るかが、一人旅を成功させる鍵とも言えるので、しっかりと用意することが大切です。
まず、一人旅の必需品と言えば、バイクのメンテナンス用品が挙げられます。走行中にトラブルがあったとしても、誰かが助けてくれるとは限りません。人通りが少なく助けを期待出来ない場所ということもありますし、携帯の電波が入らないといった場合もあります。自分一人である程度の対処が出来るよう、最低限の工具やポータブルバッテリーチャージャー、パンクの修理キットなどは用意しておきましょう。

次に大切になるのが、現金や携帯、服用している薬などの身の回り品とジャケットなどの防寒着です。どこに行くかにもよりますが、カードや電子マネーが利用出来ない場合もありますし、自販機で飲み物を買う場合など、現金があった方が便利な場面は少なくありません。ある程度は現金も用意しておくと良いでしょう。また、暑い場合には着ているものを脱ぐことで調節出来ますが、寒い場合には着る物がなければ対処出来ません。ジャケットなどの防寒着も忘れずに用意しておくことが大切です。尚、紙の地図や非常食としてのエナジーバーなども意外と重宝します。荷物に余裕があれば検討してみると良いかもしれません。

一人旅で誰からも干渉されないと移動距離を伸ばしたり、予定を立てずに走行したりといったことも増えますが、一人の時ほど慎重になることが重要になります。日が暮れる前に目的地へ到着出来るようコースを設定したり、疲れや眠気を感じたら直ぐに休んだり、ツーリングの基本はしっかり守りましょう。また、無理のないペースで走行すると同時に、その土地に合わせた走り方をすることも大切です。地元の車に合わせて走れば、事故や違反切符をもらう確率はグンと下がります。郷に入ったら郷に従えではないですが、周りのペースに合わせて走ることが、自分の身を守ります。

一人旅では、道路が工事中だったり、突然雨が降ってきたり、ハプニングが起こることも少なくありません。準備をしっかりしておけば気持ちに余裕が生まれ、対処も楽になるので、頼れる人がいない一人旅に出かける時こそ、事前準備を念入りに行うことが大切です。

カッコイイハーレー